風俗店に勤務してた話

私は以前風俗店で働いていました。

皆さんは風俗店の勤務って女の子に囲まれて楽しそうとか
淡い下心を期待しちゃう様な世界だとお思いでしょうか?

実際はすごい体育会系で重労働な世界です。

正直、もう二度とスタッフとしては働きたくないですね(笑

ただ、女の子はとても大事にされるので、しっかりとお店を選べば嬢になるのはオススメかもしれません。

堺 風俗求人などはお店も丁寧に選べる有名サイトなので参考にしてみてください。

さて、そんな私が風俗店に勤務していた時の話です。

私は普通のアルバイトをするなら夜の世界か風俗の世界で働いてみたいと思っていました。
これには色々と理由があって、普通のバイトよりも若干お金が良いのと
俺は普通の奴とは違うんだぜ!と変なプライドがあったからです。

求人誌では中々見つからず、アダルト雑誌などを立ち読みして
ある風俗店の求人を見つけました。

渋谷にあるそのお店はマット専門店、ここだけの話
24時間営業をしていました。

完全に違法ですよね。
でも○○年前の渋谷は結構そんな感じのお店が多くあったんです。

※いまはしっかりとしたお店が多くなりましたよ!

渋谷でまともなお店を探すなら渋谷 風俗が人気のようですね。

面接を受け無事合格

色々な思いで胸躍らせながら初日を迎えます。

まずまかされたのは先輩と一緒にプレイ後の部屋掃除
当時、私が居たお店はマット専門なので部屋にはビニールベッドがありローションまみれ

ローションなんて当時見たことも触った事なかったので、もう大変です。

床は滑るし、ローションはなかなか取れないし
いきなり先輩に怒鳴られます。

負けん気だけは強くなんとか一部屋掃除終了。

掃除にかかった時間は20分

待機室に戻ると先輩の説教が待っていました。
お客が待っているんだから5分で掃除を終わらせろと、気合が足りないとかそんな感じで説教を次の部屋の掃除の時間まで延々とされていました。

まぁ、そんな日々が続き掃除も一部屋五分くらいで片付けられる様になり
先輩も認めてくれたのか、いきなりフレンドリーになってきやがりまして
色々と風俗業界について教えてくれます。

それから更に時間が経ち、もう裏方の仕事は一人で余裕でこなせる程に成長してから
とうとう風俗スタッフの花形の受付をやらせてもらえる様になりました。

それまでの仕事と言えば部屋の掃除、女の子のパシリ、待合室にいるお客へのお茶出しです。

受付のやり方や、女の子のお客への当て方を学び受付デビューです。

またこの受付が大変でした。

お客からのクレーム、女の子からのクレームや要望など
心を無くし機械の様に仕事をしないと発狂してしまいそうな程ストレスが貯まりますね。

受付以外は超肉体労働、受付に出れば精神的にやられると
凄まじい環境だったと思います。

また、当時働いていたお店は非本番店だったので本番強要してくるお客への対応も大変でした。

開き直る人や逆に某組織の名前で脅してくる人、常習犯の人、素直に謝ってくれる人。

本当に様々でした。

また、私は体験していませんが店長は女の子の管理で随分と苦労してたみたいです。

今現在はお店もなくなっていますが、本当に普通じゃ経験出来ない様な事をあのお店ではさせてもらって、少し人間としてのレベルが上がった気がします。

今でもたまに前を通ってみますが、やっぱり前を通るとお店はないのですが色々と思いでが蘇ってきて感慨深くなりますね。

これから風俗店に勤務しようと思ってる人に言いたい事は
「変な期待を持たない事」ですね。

厳しい世界ですが、それだけ面白味のある世界でもあります。

ただ女の子には手を出しちゃダメですよ!